虫歯のしくみ

 

前回までは虫歯の予防についてお話ししてきました。今回からは虫歯になる仕組みなどをお話ししていきたいと思います。

虫歯になると、歯がしみたり、歯に穴が空いたり、寝れないくらい痛んだり、ひどくなるとお顔が腫れたり・・・

出来れば虫歯にはなりたくないものですよね。

そもそも虫歯ってどんなものなんでしょうか。

虫歯は虫歯菌から作られます。つまり、虫歯菌のいない人には虫歯は出来ないのです。では、虫歯菌はどこからやってくるのか・・・

その虫歯菌は虫歯菌を持つ人のだ液から入り感染してしまうのです。

1度虫歯になってしまった人は一生虫歯を作り続けなければならないのでしょうか?いえ、そうではありません。菌をコントロール出来れば虫歯にならないお口を手に入れることができます。

人のお口の中には300〜400種類の菌が生息していると言われています。

その中の菌の中で虫歯を作る菌がいます。その菌がみなさんもよく耳にするミュータンス菌です。

ミュータンス菌は、だ液から感染します。

幼い頃保護者の方などから口移しで食べ物を食べたり、同じお箸や、スプーンなどを使用したりしたことで感染してしまうのです。昔は、母親が噛み砕いた食べ物を離乳食代わりにあげているのが普通でしたが、今考えると恐ろしいことですよね。このミュータンス菌がお口の中に一度入り込むと完全に取り除くことはできません。ミュータンス菌は酸を作り出し歯を溶かしていきます。