虫歯予防のポイント④

虫歯予防のポイント④飲み物によって摂取される物質にも気をつける。


虫歯になる原因はプラークですが、歯垢細菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうと、少量のプラークでも虫歯になる危険性が高くなってしまいます。この歯垢細菌は糖分によって繁殖してしまうので、糖分を含む飲み物(コーヒーや清涼飲料)にも十分気をつけてください。飲んだ後はうがいをしたり歯磨きをして、できるだけ口内に糖分を残さない事が重要です。


特に悪い飲み方としては、数十分置きに一口づつダラダラと甘い飲み物を飲み続ける事です。


普段口腔内は唾液の作用によって中性ないしアルカリ性に保たれ歯が虫歯になるのを防いでいます。しかし常に口の中に甘いものがあるといくら唾液が頑張ってもある種の口腔内細菌がその糖分を糧に酸を作り出し虫歯の進行が速くなってしまいます。