小児歯科

お子様の虫歯治療や予防、歯並び矯正は、生涯のお口の健康を手に入れる第一歩です。

お子様の虫歯治療や予防、歯並び矯正は、生涯のお口の健康を手に入れる第一歩です。

小児歯科とは具体的に中学生以下の子供の虫歯予防、虫歯治療、歯ならびの治療そして歯周病の予防と治療などを行うところです。

また、子供のころは顎が成長し、歯が小学生ぐらいに乳歯から永久歯に生え換わる時期で、永久歯になればもう生えてきませんので、歯の大切さや予防方法など広めていくところです。

歯の健康を保ち続けるためには、小児歯科で乳歯列・混合歯列期の早めからの矯正治療を行なうことが大切です。

子どもの虫歯治療について

子どもの虫歯は、将来に大きく影響します。

食べ物を良く噛むことができないため、身体への影響はもちろんのこと、顎の発育不全などの原因にもなります。

また、ひどくなった乳歯の虫歯を放置していると、下の大人の歯の根に悪影響を及ぼしたり、きちんと決められた場所に大人の歯が生えてこず、歯並びが悪くなったりします。

そのため、虫歯の予防、早期発見、早期治療はとても大切です。

初期の虫歯であれば、削らずにフッ素塗布で歯の表面を強くすることで治すこともできます。

お子様のお口の中の変化に気づいたら、どうぞどんなことでもお気軽にご相談ください。

子どもの虫歯治療について

むし歯の予防方法について

ブラッシング指導

ブラッシング指導

虫歯予防の基本は毎日のブラッシングです。

お子様のお口の状態や成長段階に合わせたブラッシングをアドバイスします。

また親御さんの仕上げみがきのコツもお伝えします。

フッ素塗布

フッ素塗布

乳歯や生えたての永久歯は、歯の質が弱く虫歯になるリスクが高いため、フッ素を塗布することで虫歯菌が出す「酸」に負けない強く丈夫な歯を作ります。

虫歯の予防効果を高めるには定期的なフッ素塗布がおすすめです。

シーラント

シーラント

歯の汚れがたまりやすく虫歯になりやすい奥歯の溝をあらかじめレジン(歯科用プラスチック)で埋める処置です。

乳歯にも、生えたての永久歯にも虫歯予防の効果が期待できます。

過剰歯(かじょうし)の抜歯

過剰歯(かじょうし)の抜歯

本来生えるはずの歯の本数を超えて生えてくる「過剰歯」は周囲の歯並びに悪影響をおよぼすことが多いのでほとんどの場合、抜歯となります。

不自然な部分に生えている歯がありましたらお早めにご相談ください。

床矯正

床矯正

子供の床矯正であれば、早期に矯正治療を始めることで大人になった時に歯を抜かずに済んだり、顎の成長にあわせて歯とバランスの良い治療結果が得られやすくなります。

装置も取り外しが可能なので、子供の装置によるストレスの負荷も少なく済む場合もあります。

ご予約・お問い合わせ承っております!! tel.06-6913-2034

09:30~13:00/14:30~19:00

土曜日09:30~12:00

ご都合の良い時間をご予約ください。

キャンセルの際は、お早めにお電話にてお知らせください。

定休日:第5土曜日・日曜日・祝日

インターネットで24時間予約受付中! WEB予約